株の運用報告

目次

2020年 所感

12月は大納会までに、保有銘柄を調整する売買を頻繁に行いました。

益出しによって2020年の確定損益は+17万円となり、なんとか損失を回避できました(ほぼムリヤリ・・・)

11~12月の株式市場の追い風がなかったら、今年はマイナスで終わっていたと思います。

2020年はコロナショック時の資産減少はうまく回避出来ました。

しかしその後の個人投資家を主とした「マザーズ急騰」の波には全く乗れませんでした。「私の投資センスの無さ」を痛感させられた年です。

2020年資産推移 ポイント

1/22 3,169万円 株式を売却し現金比率多め。

3/30 3,543万円 現物株はほぼ持っておらずコロナショック回避。指数ショートが当たり資産増加。

7/10 3,187万円 市場の二番底を狙って指数ショートしたが失敗。

9/02 2,917万円 損失を取り戻そうと現物株(2銘柄)で決算マタギ。失敗。

10/19 3,525万円 元金680万円を追加。バリュー株投資へ切り替える。

11/27 4,317万円 ワクチン開発を材料に、株式市場全体が上昇。

12/31 4,375万円

2021年はこの経験をもとに精進します。

保有資産

2020/12/31時点の資産です。

フルポジションを継続。レバレッジも少しかけています。

[現物]保有株含み損益

配当金とキャピタルゲインを狙った布陣にしました。

<その他保有>
NISA 評価額:1,161,600円

かぶみち

本年はありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

投資判断は自己責任でお願いします。

よかったらシェアしてね!

テンプルトン卿の流儀」は「強気相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成熟し、幸福の中で消えていく」という金言を残したジョン・テンプルトン卿の思考をまとめた一冊。

私の原点にして頂点ともいえる著書。とくに“悲観の極みで買う”を実行できたことで私の運用資産は飛躍的に向上してきました。定期的に読み返したくなる良書です。

投資で一番大切な20の教え」は上記でオススメした「テンプルトン卿の流儀」と双璧を成す私のバイブル。投資初心者の方は「投資で一番大切な20の教え」のほうが読みやすいです。

著者のハワード・マークス氏が記している“投資サイクル・振り子”の考え方は、中長期的に株式投資で財を成すために必須の思考法だと思います。

勝つ投資 負けない投資」は私の運用パフォーマンスを大きく上昇させてくれた本です。 著者の“片山晃さん ”は元手65万円から株式投資を始め、現在では資産140億円に到達されたそうです(2020/8/26 日経マネーのインタビューより)。

「種銭が少ない・短期間での資産増」、これらについて片山晃さんの中小型株投資への戦略がわかります。その思考はまさに投資の王道! 金言オンパレードの良書です。

楽天Kobo電子書籍ストア
¥1,628 (2021/09/21 17:16時点 | 楽天市場調べ)

恋する株式相場」マンガだと侮るなかれ。株式投資の基礎知識が驚くほどスラスラ頭に入ってきます。私が本書を読んだのは運用資産が3000万円を超えた頃でしたが、あらためて学べることがとても多かったです。

「月刊マネー誌ダイヤモンドZAi」に掲載された33話分を集めたお得な一冊。投資初中級者にオススメ!

目次
閉じる