(福井)株式投資セミナーに行ってきた!【感想】

3月21日(日)に、「日本フィナンシャルセキュリティーズ株式会社」が主催するセミナーに参加してきました。

場所:福井県国際交流会館
講師:たけぞう氏、大橋ひろこ氏

Contents

株式投資セミナーの感想

「たけそうさん、大橋ひろこさん」が講師ということで、私は速攻でセミナーに申し込みました!

セミナー開催場所は福井県。私は久しぶりに福井県に訪れました。

福井県は恐竜推しなので駅には恐竜の像や絵がたくさん!

会場の「福井県国際交流会館」は福井駅から歩いて20分ほど。

会場へは私が一番はじめの到着だったので、写真に誰もいませんw

当日は雨でしたが、用意された席はセミナー開始前にすべて埋まりました(コロナ禍なので長テーブルに1人がけ)。

セミナーは豪華なお弁当付き

昼食のお弁当が美味しかったです!

セミナー内容

セミナーで印象的だった内容
  • たけぞうさんの“場立ち”時代の話
  • 株と金利の関係
  • 現在の相場分析

以下、たけぞうさんの見解です。

いまの株式市場について)

日本はバブルではないと思う。2021年上期は大丈夫そう。日本市場に比べて、米国・中国の市場にリスクを感じる。両国が崩れれば、日本にも間違いなく影響があるので、米国と中国の動向は注視しておくべき。

最後の懇親会の時に、たけぞうさん・大橋ひろこさんに「小型株・為替」の個別相談をさせていただきました。とても有意義なセミナーでとても楽しかったです。

株式投資セミナーはオススメ

アベノミクスが始まったときの数年間は「株式投資セミナー」がとくに熱かった記憶があります。

どこに行っても満席。講師も豪華(とくに日本証券業協会の主催セミナー)。

内容が勉強になりますし、その場に行くことで個人投資家の今の雰囲気を肌で感じることができるので、株式投資セミナーの参加はオススメです。

ただセミナーの中には自社商品の購入を強く勧めてくるモノもあるので、参加するときは過去の評判などを調べておくと良いです。

バズーカ株道

株式投資セミナーで「個人投資家」の今の熱がわかる!

テンプルトン卿の流儀」は「強気相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成熟し、幸福の中で消えていく」という金言を残したジョン・テンプルトン卿の思考をまとめた一冊。

私の原点にして頂点ともいえる著書。とくに“悲観の極みで買う”を実行できたことで私の運用資産は飛躍的に向上してきました。定期的に読み返したくなる良書です。

投資で一番大切な20の教え」は上記でオススメした「テンプルトン卿の流儀」と双璧を成す私のバイブル。投資初心者の方は「投資で一番大切な20の教え」のほうが読みやすいです。

著者のハワード・マークス氏が記している“投資サイクル・振り子”の考え方は、中長期的に株式投資で財を成すために必須の思考法だと思います。

恋する株式相場」マンガだと侮るなかれ。株式投資の基礎知識が驚くほどスラスラ頭に入ってきます。私が本書を読んだのは運用資産が3000万円を超えた頃でしたが、あらためて学べることがとても多かったです。

「月刊マネー誌ダイヤモンドZAi」に掲載された33話分を集めたお得な一冊。投資初中級者にオススメ!

Contents
閉じる