【資産】運用報告

目次

運用資産(アセットアロケーション)

[運用資産合計]7,021万円
[先週比]+31万円

先週とほぼ同等の資産です。

私にとっては3月中旬以降なかなか難しい相場が続いています。下手に動かないほうが良い気もしてきました(休むも相場)。

[現物]保有株含み損益

<主な取引>
・先週売却した「日本郵政」「ゆうちょ銀行」の資金で「三井住友」「三菱UFJ」を購入。

昨年秋からバリュー株も相当上がってきたので、今後株価値上がりを狙うとしたら中小型株の業績相場だと思います。

私は「小型株で攻めて、メガバンク株で守る」という中期的な戦略です。

かぶみち

メガバンク株はここからの値上がりはそれほど期待できないかもしれませんが、配当がおいしいです。

NISA

信用

<主な取引>
・先週保有していたものは全て売却or現引しました。
・決算マタギ勝負はほぼトントンでした(損切り、利益確定)。
・新たに4銘柄買建。

国内債券

市場ニュース

「信用取引の買残」や「株式時価総額合計」などがかなり高い値を示しており、株式市場の天井を指摘する声が上がっています。

私も全体としては高値圏の認識なのですが、銘柄によってはもう一段階の上昇があるのではないかと考えています。

そう思う理由のいくつかを挙げると「日経平均PER 13.79」と「裁定取引の現物買残 6,074億円」です。

「日経平均PER 13.79」は低いと思います。

また「裁定取引の現物買残 6,074億円」もまだまだ余力があります。2013~2015年頃の日経平均株価が上り調子のときは3~4兆円ありました。

かぶみち

今後、「市場コンセンサスを上回る好業績」を発表しそうな銘柄を選びたい。

投資判断は各自でお願いします。

よかったらシェアしてね!

テンプルトン卿の流儀」は「強気相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成熟し、幸福の中で消えていく」という金言を残したジョン・テンプルトン卿の思考をまとめた一冊。

私の原点にして頂点ともいえる著書。とくに“悲観の極みで買う”を実行できたことで私の運用資産は飛躍的に向上してきました。定期的に読み返したくなる良書です。

投資で一番大切な20の教え」は上記でオススメした「テンプルトン卿の流儀」と双璧を成す私のバイブル。投資初心者の方は「投資で一番大切な20の教え」のほうが読みやすいです。

著者のハワード・マークス氏が記している“投資サイクル・振り子”の考え方は、中長期的に株式投資で財を成すために必須の思考法だと思います。

勝つ投資 負けない投資」は私の運用パフォーマンスを大きく上昇させてくれた本です。 著者の“片山晃さん ”は元手65万円から株式投資を始め、現在では資産140億円に到達されたそうです(2020/8/26 日経マネーのインタビューより)。

「種銭が少ない・短期間での資産増」、これらについて片山晃さんの中小型株投資への戦略がわかります。その思考はまさに投資の王道! 金言オンパレードの良書です。

楽天Kobo電子書籍ストア
¥1,628 (2021/10/15 00:00時点 | 楽天市場調べ)

恋する株式相場」マンガだと侮るなかれ。株式投資の基礎知識が驚くほどスラスラ頭に入ってきます。私が本書を読んだのは運用資産が3000万円を超えた頃でしたが、あらためて学べることがとても多かったです。

「月刊マネー誌ダイヤモンドZAi」に掲載された33話分を集めたお得な一冊。投資初中級者にオススメ!

目次
閉じる