日本株 急落と急騰(いったい何だったんだ・・・)

一昨日、日本株が急落しました。そして昨日は急騰。

日経平均株価で比べると1000円弱下げて、ほぼ全戻しに近いかたちです。

(左)6/21終値、(右)6/22終値

引用:世界の株価

6月21日に日本株が急落した理由として、日経新聞ではいくつかの要因を挙げられていました。

21日の急落理由
  • 先週金曜日の米国株が大きく下落
  • 米国の利上げ前倒し示唆で景気回復が鈍化する
  • 積み上がっていた信用買い等の売り
  • 機関投資家の空売り

6月22日に日本株が急騰した理由として、

22日の急騰理由
  • 米金融緩和の修正観測を材料にした株安は過剰反応だった

株式市場を毎日何となく見ていると、21日の下落は「不安の行き過ぎ」の可能性が高いと感じました。

やはりそういったときは絶好の買い場だったのです。

一度にドカッと買うのはよくありませんが(次の日以降も下落が続くかもしれない)、皆が売っている時は買いを検討してみることは大切だと再確認できました。

バズーカ株道

大衆と逆を行く

投資判断は各自でお願いします。

テンプルトン卿の流儀」は「強気相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成熟し、幸福の中で消えていく」という金言を残したジョン・テンプルトン卿の思考をまとめた一冊。

私の原点にして頂点ともいえる著書。とくに“悲観の極みで買う”を実行できたことで私の運用資産は飛躍的に向上してきました。定期的に読み返したくなる良書です。

投資で一番大切な20の教え」は上記でオススメした「テンプルトン卿の流儀」と双璧を成す私のバイブル。投資初心者の方は「投資で一番大切な20の教え」のほうが読みやすいです。

著者のハワード・マークス氏が記している“投資サイクル・振り子”の考え方は、中長期的に株式投資で財を成すために必須の思考法だと思います。

恋する株式相場」マンガだと侮るなかれ。株式投資の基礎知識が驚くほどスラスラ頭に入ってきます。私が本書を読んだのは運用資産が3000万円を超えた頃でしたが、あらためて学べることがとても多かったです。

「月刊マネー誌ダイヤモンドZAi」に掲載された33話分を集めたお得な一冊。投資初中級者にオススメ!

Contents
閉じる