JFEホールディングス、スイングトレード 【1ヵ月半の結果】

Contents

利益:約58万円(税引前)

最近3~4ヵ月は現物株で大きな取引はしていません。現物保有銘柄では決算発表待ちです。

その代わり「信用取引の買建」でスイングトレードを実施してきました。

とくに「(5411)JFEホールディングス」を6月上旬から主に売買。

ボラティリティが大きめだったので本日までの1ヵ月半で、約58万円(税引前)の利益を出せました。

バズーカ株道

トレード結果には満足です。

スイングトレードデータ

下記は「(5411)JFEホールディングス」の証券会社取引データです(6月1日~7月17日)。

・ほぼ信用取引での売買。
・譲渡益での抽出データなので売りのみ記載。
・会社員なので朝出社前に指値しているものがほとんど。

(利益)584,314円
(手数料)37,836円 ※売りのみ記載。買いの手数料も合わせると5万円弱と推測。証券会社は手数料の詳細がわかりづらいのが難点です・・・。

譲渡益での抽出データなので、売りのみ記載しています。

売りは約定日が同じものは基本的に1回の取引。ですので1日の取引回数が多そうに見えますが、これは記載ルール上によるものです。

最近の鉄鋼株はボラティリティが大きい

理由はわかりませんが、最近の鉄鋼株はボラティリティが大きいです。

そして「(5411)JFEホールディングス」の株価はボックス圏での値動きが続いているので、トレードの才能がない私でも比較的単純なトレードで利益を出せました。

バズーカ株道

「株価が下がったら買い、株価が上がった売る」という指値トレード。

[JFEホールディングス 直近1ヵ月チャート]

私は「(5411)JFEホールディングス」の株価は割安だと考えているので、今後も株価が大きく下げたら狙っていきたいと思います。

銘柄の推奨はしていません。投資判断は各自でお願いします。

テンプルトン卿の流儀」は「強気相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成熟し、幸福の中で消えていく」という金言を残したジョン・テンプルトン卿の思考をまとめた一冊。

私の原点にして頂点ともいえる著書。とくに“悲観の極みで買う”を実行できたことで私の運用資産は飛躍的に向上してきました。定期的に読み返したくなる良書です。

投資で一番大切な20の教え」は上記でオススメした「テンプルトン卿の流儀」と双璧を成す私のバイブル。投資初心者の方は「投資で一番大切な20の教え」のほうが読みやすいです。

著者のハワード・マークス氏が記している“投資サイクル・振り子”の考え方は、中長期的に株式投資で財を成すために必須の思考法だと思います。

恋する株式相場」マンガだと侮るなかれ。株式投資の基礎知識が驚くほどスラスラ頭に入ってきます。私が本書を読んだのは運用資産が3000万円を超えた頃でしたが、あらためて学べることがとても多かったです。

「月刊マネー誌ダイヤモンドZAi」に掲載された33話分を集めたお得な一冊。投資初中級者にオススメ!

Contents
閉じる