「米10年国債利回り」上昇、金融セクターに期待

目次

「米10年国債利回り」上昇、金融セクターに期待

昨日(2021/8/6)、米10年国債利回りが上昇しました。

引用:世界の株価

そのことを要因のひとつとしてか、米国株式市場では金融セクターも大幅上昇

ゴールドマン・サックス +3.54%
JPモルガン・チェース +2.84%
バンクオブアメリカ +2.90%
シティグループ +1.98%
モルガンスタンレー +1.94%

引用:nikkei225jp.com

来週の東京株式市場も金融セクターやシクリカル銘柄に期待が持てます。

「米10年国債利回り」10年間チャート

下記グラフは「米10年国債利回り」の10年間の推移(2011/8~2021/8)です。

引用:Tradingview

2020年はコロナ禍で特別だとすれば、今の「1.300」近辺の値は底値と言えます。

今後も短期的な上下はあると思いますが、中長期では上がっていくと考えることが自然です。

金利上昇と共に株価(とくに金融セクター)も上がっていく景気循環の動きに注目です。

かぶみち

米国の金融緩和縮小&利上げは、いつか始まる。

世界経済の中心である米国。

その米国の金融セクターやシクリカル銘柄と連動して、日本株の同じセクターも動くのではないでしょうか。

当サイトは銘柄推奨はしていません。投資判断は自己責任でお願いします。

よかったらシェアしてね!

テンプルトン卿の流儀」は「強気相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成熟し、幸福の中で消えていく」という金言を残したジョン・テンプルトン卿の思考をまとめた一冊。

私の原点にして頂点ともいえる著書。とくに“悲観の極みで買う”を実行できたことで私の運用資産は飛躍的に向上してきました。定期的に読み返したくなる良書です。

投資で一番大切な20の教え」は上記でオススメした「テンプルトン卿の流儀」と双璧を成す私のバイブル。投資初心者の方は「投資で一番大切な20の教え」のほうが読みやすいです。

著者のハワード・マークス氏が記している“投資サイクル・振り子”の考え方は、中長期的に株式投資で財を成すために必須の思考法だと思います。

勝つ投資 負けない投資」は私の運用パフォーマンスを大きく上昇させてくれた本です。 著者の“片山晃さん ”は元手65万円から株式投資を始め、現在では資産140億円に到達されたそうです(2020/8/26 日経マネーのインタビューより)。

「種銭が少ない・短期間での資産増」、これらについて片山晃さんの中小型株投資への戦略がわかります。その思考はまさに投資の王道! 金言オンパレードの良書です。

楽天Kobo電子書籍ストア
¥1,628 (2021/10/15 00:00時点 | 楽天市場調べ)

恋する株式相場」マンガだと侮るなかれ。株式投資の基礎知識が驚くほどスラスラ頭に入ってきます。私が本書を読んだのは運用資産が3000万円を超えた頃でしたが、あらためて学べることがとても多かったです。

「月刊マネー誌ダイヤモンドZAi」に掲載された33話分を集めたお得な一冊。投資初中級者にオススメ!

目次
閉じる